第12回専門点訳者実践養成講座

※募集は終了致しました。

1.目的
 視覚障害大学生ならびに専門職にチャレンジする人や専門職に従事する人たちのテキスト、学術書、参考書、専門書などを正確かつ迅速に点訳する人たちの養成を行う。

2.応募資格
 日本語点字をマスターしている方で、希望講座の分野にそれなりの知識を有する方(但し、「日本語基礎」を除く)。「日本語基礎」については、点字をマスターしようとする方で、受講修了の際には必ず通信教育の応用編に進むことを原則とする。今回、新たに開講する「点字実践」は、点訳本製作する際のHow Toをサジェッションする。
 なお、これまでの「日本語応用」は「点訳実践」に組み入れることとする。

3.会場
 社会福祉法人 視覚障害者支援総合センター 会議室

4.講座の内容・時間数・講師(敬省略)

  1. 日本語基礎 20時間(全10回) 飯田三つ男(点字技能師/流山市点字・点訳講座講師)
  2. 音楽 20時間(全10回) 坂巻明子(点字技能師/視覚障害者支援総合センター職員)
  3. 理数 20時間(全10回) 田中 仁(慶應義塾大学 非常勤講師)
  4. 点訳実践 10時間(全5回)AグループBグループ

高橋 実(視覚障害者支援総合センター 理事長)
橋本京子(視覚障害者支援総合センター 所長補佐)

5.各講座の日程
 講座による
 (講師等の都合により日時に変更がある場合もございます。何卒、ご了承くださいますようお願い申し上げます)

6.定員
 各講座15名以内

7.申込方法・締切
 申込書をお送り致しますので、ご希望の方はセンターまでご請求ください。
必要事項をご記入の上、申込書を郵送またはFAXにて9月16日(火)までに(必着)センターへお送りください。
 なお、重複受講につきましては差し支えございません。

8.受講者の決定
 定員をオーバーしない限り、締切までに申し込まれた方へ9月20日(土)までに郵送にて通知致します。

9.受講料
 無料。但し、テキストなど教材は実費。なお、各講座テキストのほか、受講者で「点字表記辞典 改訂新版」「日本点字表記法 2001年版」を持ち合わせていない方につきましては、開講日にご購入いただきます。

10.受講者の義務
 「視覚障害者支援総合センターを支える会」の会員、もしくはこれから入会しようという方であること。会費は年間一口5,000円です。
 受講者は期間中、3日以上欠席しないこと。

11.その他
 「点字をマスターして、近い将来戦力者になりたい」というご希望のある方で遠方の方、もしくは日程の調整がつかない方は、「日本語通信教育」の制度を設けておりますので、どうぞお申し出ください。
 ご不明な点がございましたら、センターまでお問い合わせください。

TEL 03−5310−5051 / FAX 03−5310−5053
E-mail mail@siencenter.or.jp


[戻る]