第13回専門点訳者実践養成講座のご案内

※募集は終了致しました。

 本年も当センター主催の「専門点訳者実践養成講座」を開催する運びとなりました。この講座は社会福祉法人中央共同募金会からの助成、ならびに杉並区からの後援(予定)を受けて実施いたします。
 今回は初の試みとして前・後期の2回(内容は同じ)それぞれ4講座を行いますが、そのうちの前期日程(10月〜12月)について受講生を募集します。以下、養成講座の概要についてご説明いたします。

1.目的

視覚障害学生ならびに専門職にチャレンジする方、専門職に従事する方たちのテキスト、学術書、参考書、専門書等を正確かつ迅速に点訳する点訳者の養成を行います。

2.応募資格

・「日本語基礎」については、点字をマスターしようとする方で、受講修了後に通信教育の応用編に進むことを原則とします。初心者も歓迎します。
・それ以外の3講座については日本語点字をマスターした点訳経験のある方。特に「実践」は、パソコンによる点訳作業をするため、実際にパソコン点訳を行っている点訳歴5年以上の方に限ります。

3.会場

社会福祉法人 視覚障害者支援総合センター 4F会議室
(東京都杉並区上荻2-37-10)

4.講座の内容・時間数・講師

各講座とも1回3時間(途中休憩あり)、全5回もしくは7回で実施いたします。

■日本語基礎
  飯田 三つ男(点字技能師/視覚障害者支援総合センター 職員)
■音楽
  坂巻 明子(点字技能師/視覚障害者支援総合センター 職員)
■実践
  橋本 京子(点字技能師/視覚障害者支援総合センター 所長補佐)
  佐藤 實(視覚障害者支援総合センター 職員)
■情報処理・理数
  長岡 英司(筑波技術短期大学 教授)

5.定員

「日本語基礎」のみ15名以内、その他3講座については10名以内とします。

6.日程

■日本語基礎:毎週月曜日 午後1時〜4時
【1】10/18 【2】10/25 【3】11/1 【4】11/8 【5】11/15 【6】11/22 【7】11/29
■音楽:毎週金曜日 午後1時〜4時
【1】10/22 【2】10/29 【3】11/5 【4】11/12 【5】11/19 【6】12/3 【7】12/10
■実践:毎週土曜日 午前9時〜12時
【1】10/23 【2】10/30 【3】11/6 【4】11/20 【5】11/27 【6】12/4 【7】12/11
■情報処理・理数:土曜日 午後1時〜4時
【1】10/23 【2】11/13 【3】11/20 【4】12/4 【5】12/18

*日程については講師の都合等により変更することがございます。ご了承ください。

7.受講料

無料。但し、テキストなどの教材は実費。

8.受講生の義務

(1)「視覚障害者支援総合センターを支える会」の会員、もしくはこれから入会される方。会費は年間1口5,000円以上。
(2)受講生は原則として10月16日(土)に行う開講式に出席すること。

9.その他

・「点字をマスターして近い将来点訳者としてセンターの戦力として活動したい」という方で遠方にお住まいの方、もしくは日程の調整がつかない方には通信教育制度を設けておりますので、どうぞお申し出ください。

・後期日程は来年1月から3月に実施し、12月に受講生を公募する予定です。詳細につきましては、次号にてお知らせします。

10.お申込み・お問い合わせ先

 本講座の受講を希望される方は、ご面倒でもセンターまで応募要項をご請求ください。 お電話もしくはFAX、Eメールでも構いません。FAX、Eメールの場合には、要項のご送付先(お名前、郵便番号、ご住所、お電話番号)について必ずお書き添えください。

 また、本講座ならびに通信講座についてご不明な点がございましたら、担当者までお問い合わせください。

  TEL:03−5310−5051
  FAX:03−5310−5053
  Eメール:mail@siencenter.or.jp

 今回は、開講式を10月16日(土)午後1時より「あんさんぶる荻窪」(荻窪駅南口徒歩1分)にて行います。アテネでのオリンピックは閉幕しましたが、これから開催されるパラリンピック(9月17日〜28日)について『私の見たまま聞いたまま――アテネパラリンピックから』(仮題)と題し、元JBS日本福祉放送ディレクターの武藤歌織さんに講演していただきます。この講演会は本講座受講生だけでなく、どなたでもご自由に参加いただけます。また、講演会場ではセンター発行の書籍や好評の「2005年チャレンジ点図カレンダー」なども展示即売しておりますので、お気軽にお立ち寄りください。
 皆様のご参加を心よりお待ちしております。


[戻る]