第21回専門点訳者実践養成講座のお知らせ

主催:社会福祉法人 視覚障害者支援総合センター
助成:財団法人 JKA

※第21回の募集は終了いたしました

 応募要項と申込書はこのページよりダウンロードしてご利用ください。
 郵送にてご希望の方は、送付先住所を添えて、担当までメール・FAX・電話にてご請求ください。
 会場はすべて当センター(東京都杉並区上荻2丁目)です。

応募要項

応募要項(pdf 形式)

申込書(pdf 形式)

応募要項(Word 形式)

申込書(Word 形式)

開講式と記念講演

 財団法人JKAの助成を受けまして、「障害のある人が幸せに暮らせる社会を作る活動」として、第21回専門点訳者実践養成講座の開講式と、第10回チャレンジ賞・サフラン賞贈呈式、記念講演を行います。

 センター開設25周年の記念講演で、お話しくださるのは、エッセイストで第2回サフラン賞受賞者の三宮麻由子さんと、和太鼓奏者で昨年アメリカ留学をしていた片岡亮太さんです。

 受講者以外でも無料で参加できますので、皆さまお誘い合わせの上、是非ご来場ください。

日時 7月21日(土)

12:50 開場、受付
13:20 開講式(理事長挨拶、講座・講師の紹介など)
13:50 休憩
14:00 第10回チャレンジ賞・サフラン賞贈呈式
14:30 休憩
14:40 三宮麻由子さん講演
15:40 片岡亮太さん講演
16:40 終演

場所

東京都杉並区 産業商工会館
(杉並区阿佐谷南3―2―19 電話03―3393−1501)

講演

三宮麻由子さん 「点訳の意味、価値ある点字資料作りを目指して」

 エッセイスト。東京都生まれ。上智大学仏文科博士前期課程修了。第2回サフラン賞受賞。デビュー作「鳥が教えてくれた空」で第2回NHK学園「自分史文学賞」大賞、「そっと耳を澄ませば」で第49回日本エッセイストクラブ賞受賞。最新刊「感じて歩く」(岩波書店)ほか著書多数。絵本「おいしいおと」「でんしゃはうたう」(福音館)など。

片岡亮太さん 「僕は井の中の蛙だった――出会いと学びに満ちていた1年間のニューヨーク生活」

 和太鼓、パーカッション奏者。11歳のころより和太鼓の演奏を始める。上智大学社会福祉学科卒業後、プロ奏者としてソロを中心とした演奏と、自身の経験に基づいた講演活動を展開。2011年1月より1年間「ダスキン愛の輪基金」研修生としてニューヨークにて研鑽を積む。在米中、ジャズフレンチホルン奏者の山村優子とのユニット「Ajarria(アジャーリア)」を結成、ファーストアルバムを制作。

講演会はどなたでもご入場いただけます。(入場無料)

お申込み先・お問い合わせ先

担当:伊瀬(イセ)

TEL:03−5310−5051
FAX:03−5310−5053
Eメール:mail@siencenter.or.jp
※メールのタイトル(題名)を必ずお書き下さい。(「第21回養成講座案内書希望」など)
 携帯電話等からのメールで、タイトル欄が無記名のメールはご遠慮ください。

会場:社会福祉法人 視覚障害者支援総合センター
〒167-0043 東京都杉並区上荻2-37-10 Keiビル 地図
JR中央線、東京メトロ丸の内線・東西線 荻窪駅下車 徒歩約15分、もしくは バス利用約5分


[ホームページへ戻る][「各種講座」へ戻る]