月刊『視覚障害-その研究と情報』

 本誌は1963年4月の創刊以来、日本盲人福祉研究会(文月会)の定期購読誌として、時代とともに、常に視覚障害関連情報を発信してまいりましたが、文月会の解散に伴い、2001年5月号(173号)より当センターの事業として引継がれました。191号より隔月誌から月刊誌に切り替え、毎月1日発行となりました。323号以降は、媒体を墨字版・点字版・DAISY版・CD-R(点字データ版)の4媒体でお届けしています。

発  行:年12回 毎月1日発行
媒  体:墨字(活字)・点字・DAISY・CD-R(点字データ)同一内容
価  格:年間購読料6,400円(送料込み)(バックナンバーは1冊750円、送料140円)
内  容:視覚障害に関するテーマ全般(行政の取り組みや関係法制度、海外情報、ICT情報、関連施設や
               企業の 紹介、視覚障害者の活躍など)。当事者・関係者や専門記者による特集記事、対談、
               ルポ、研究等を掲載。
読者構成:視覚障害者、盲学校教職員、福祉関係者、ボランティア、バリアフリー推進企業・団体、
               関連研究機関等。
判  型:墨字版/A5判・56ページ、点字版/B5判・約130ページ

月刊『視覚障害-その研究と情報』ご購入のご案内

バックナンバーのご確認はコチラから


2020年 11月号 №390

視覚障害11月号表紙写真

◆国連障害者権利委員会レポート
 石川准さんに聞く
 ~第23会期 委員会&第13、14回 会期前作業部会~
<試し読み>

◆複合差別 視覚障害のある女性が直面する困難
 ③障害女性に関する4つの課題
 DPI女性障害者ネットワーク代表/藤原 久美子

◆高齢視覚障害者をとり巻く諸問題を直視する
 ――支援システムの構築を目指して
 第10回 高齢視覚障害当事者の実体験から学んだこと
  視覚障害リハビリテーション協会/吉野 由美子

◆触れるアートの“いま”と“これから”
 ⑩手のひらの芸術、アートメダル
  筑波大学芸術系助教 /宮坂 慎司
  筑波大学附属高等学校教諭 /小松 俊介

<連載企画>

【共生社会の足音】
 第67回 ギンズバーグ氏のバトンをつなごう
  名城法律事務所/田中 伸明

【手でよむ博物館】
 ⑧交通信号機
  桜井記念視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長/川又 若菜

【視覚特別支援教育の場景】
 全日盲研松山大会研究発表①
 食育指導の実践を通して
  岐阜県立岐阜盲学校 栄養教諭/伊藤 加奈子

2020年 10月号 №389

視覚障害10月号表紙写真

◆新型コロナウイルス感染拡大の施術所経営に及ぼす
 影響等に関する緊急アンケート――結果の概要と解説
  一枝のゆめ財団専務理事/藤井 亮輔
     同   理事長/矢野 忠
  日本あん摩マッサージ指圧師会会長/安田 和正

◆点字楽譜の普及に無限の仕事を
 ――点譜連が社会貢献者表彰を受賞
<試し読み>

◆視覚障害者にサポート付きの演劇を
 新国立劇場での観劇レポート
 八王子視覚障害者福祉協会理事長/宮川 純

◆複合差別 視覚障害のある女性が直面する困難
 ②『おもいやり』から『差別』へ
 DPI女性障害者ネットワーク代表/藤原 久美子

◆高齢視覚障害者をとり巻く諸問題を直視する
 ――支援システムの構築を目指して
 第9回 就労継続支援B型事業所が提供する
     生きがい・居場所作りの実践から見えること
  視覚障害リハビリテーション協会/吉野 由美子

◆触れるアートの“いま”と“これから”
 ⑨VRと触覚デバイス、アート体験の拡張
  筑波大学芸術系助教 /宮坂 慎司
  筑波大学芸術系特任研究員 /中〓(*) 久和巨
                *=其の下に至

<連載企画>

【共生社会の足音】
 第66回 「障害者は一人前に働けない」
     という偏見を形にした不当判決
  おおごだ法律事務所/大胡田 誠

【手でよむ博物館】
 ⑦ダンゴムシ
  桜井記念視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長/川又 若菜

2020年 9月号 №388

視覚障害9月号表紙写真

◆複合差別  視覚障害のある女性が直面する困難
 ①身近すぎて気づかれない複合差別
  DPI女性障害者ネットワーク代表 /藤原 久美子
◆日本と世界のさわる絵本(5)
 みんな一緒に~ユニバーサル絵本に託した思い~
  ユニバーサル絵本ライブラリー UniLeaf
  代表 /大下 利栄子

◆高齢視覚障害者をとり巻く諸問題を直視する
 ――支援システムの構築を目指して
 第8回 高知県で行なわれている
     訪問型視覚リハサービスの現状と課題
  視覚障害リハビリテーション協会 /吉野 由美子

◆触れるアートの“いま”と“これから”
 ⑧ミュージアムの未来へ、「路上」からの挑戦
  筑波大学芸術系助教 /宮坂 慎司
  筑波大学芸術系特任研究員 /中〓(*) 久和巨
                *=其の下に至

<連載企画>

【共生社会の足音】
 第65回 障害者差別解消法の改正動向
  名城法律事務所 /田中 伸明
<試し読み>

【手でよむ博物館】
 ⑥オサガメ
  桜井記念視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長 /川又 若菜

【視覚特別支援教育の場景】
 ≪全日盲研京都大会研究発表⑥≫
 イメージの形成を目指した高校数学Ⅱの授業づくり
  秋田県立視覚支援学校 /深川 亮

2020年 8月号 №387

視覚障害8月号表紙写真

◆チャレンジ賞は齋藤健二さん、サフラン賞は上田喬子さん
 第18回受賞者 喜びの声
<試し読み>

 ◇イメージを広げる実践とサロン構想
  神奈川県立平塚盲学校 /齋藤 健二

 ◇心のままにまっしぐら
  日本点字図書館 /上田 喬子

◆令和3年1月「大学入学共通テスト」に変わります
 ――より一人ひとりに応じた配慮を目指して
  大学入試センター /桑山 一也

◆日本と世界のさわる絵本(4)
 大阪のさわる絵本の過去・未来
  さわる絵本連絡協議会・大阪 /小西 萬知子

◆高齢視覚障害者をとり巻く諸問題を直視する
 ――支援システムの構築を目指して
 第7回 高齢視覚障害者へ視覚リハサービスを
     提供する方、つなぐ方の思い
  視覚障害リハビリテーション協会 /吉野 由美子

◆触れるアートの“いま”と“これから”
 ⑦メトロポリタン美術館「Seeing Through Drawing」
  筑波大学芸術系助教 /宮坂 慎司
  明治学院大学非常勤講師 /半田 こづえ

<連載企画>

【共生社会の足音】
 第64回 新型コロナ社会を生き抜くために
     知っておきたいこと②
  おおごだ法律事務所 /大胡田 誠

【手でよむ博物館】
 ⑤宇宙を触ってみよう
  桜井記念視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長 /川又 若菜

2020年 7月号 №386

視覚障害7月号表紙写真

◆韓国における
 視覚障害者の選挙権の行使について
  国立ソウル盲学校 /李 宇寛

◆これが僕らの日々
 第8回 ウェブ会議システム 比較レポート
     ――コロナ時代への適応に向けて
  高齢・障害・求職者支援機構 /伊藤 丈人

◆日本と世界のさわる絵本(3)
 さわる絵本の歩みを前に
  バリアフリー絵本研究会主宰 /攪上 久子

◆高齢視覚障害者をとり巻く諸問題を直視する
 ――支援システムの構築を目指して
 第6回 実例で見る高齢視覚障害者への
     視覚リハの効果
  視覚障害リハビリテーション協会 /吉野 由美子

◆触れるアートの“いま”と“これから”
 ⑥メトロポリタン美術館「Picture This!」
  筑波大学芸術系助教 /宮坂 慎司
  明治学院大学非常勤講師 /半田 こづえ

<連載企画>

【共生社会の足音】
 第63回 国連障害者権利委員会による日本審査
     注目点③ 障害者の情報受領権について
  名城法律事務所 /田中 伸明
<試し読み>

【手でよむ博物館】
 ④カタツムリ
  桜井記念視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長 /川又 若菜

2020年 6月号 №385

視覚障害6月号表紙写真

◆ブラジル・サンパウロのサンバ
 チームの内側から見えるもの(下)
  打楽器奏者 /Isao Cato

◆日本と世界のさわる絵本(2)
 世界のさわる絵本
  バリアフリー絵本研究会主宰 /攪上 久子

◆高齢視覚障害者をとり巻く諸問題を直視する
 ――支援システムの構築を目指して
 第5回 視覚障害リハビリテーションが
     今までわが国に普及しなかった理由
     ――歴史的な背景を検討する
  視覚障害リハビリテーション協会 /吉野 由美子

◆触れるアートの“いま”と“これから”
 ⑤ The Noguchi Museumの教育普及プログラム
  筑波大学芸術系助教 /宮坂 慎司
  明治学院大学非常勤講師 /半田 こづえ

<連載企画>

【共生社会の足音】
 第62回 新型コロナ社会を生き抜くために
      知っておきたいこと
  おおごだ法律事務所 /大胡田 誠
<試し読み>

【手でよむ博物館】
 ③日本の名建築(3つの仏塔)
  桜井記念視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長 /川又 若菜

【視覚特別支援教育の情景】
 ≪全日盲研京都大会研究発表⑤≫
 ICTを活用した高等部保健理療科生徒への
 音楽科学習指導
  鳥取県立鳥取盲学校 /倉光 直美

2020年 5月号 №384

視覚障害5月号表紙写真

◆視覚障害者のための感染防止対策
 ――新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を
   中心として
  全日本鍼灸学会学術研究部安全性委員会
  委員長 /菅原 正秋

◆ブラジル・サンパウロのサンバ
 チームの内側から見えるもの(上)
  打楽器奏者 /Isao Cato

◆日本と世界のさわる絵本(1)
 日本のさわる絵本
  バリアフリー絵本研究会主宰 /攪上 久子

◆高齢視覚障害者をとり巻く諸問題を直視する
 ――支援システムの構築を目指して
 第4回 視覚障害者に特化した障害福祉サービスに関する
     ケアマネジャーの知識・経験
  視覚障害リハビリテーション協会 /吉野 由美子

◆触れるアートの“いま”と“これから”
 ④アメリカ・ニューヨークの触れるアート
  筑波大学芸術系助教 /宮坂 慎司
  明治学院大学非常勤講師 /半田 こづえ

<連載企画>

【手でよむ博物館】
 ②センザンコウ
  桜井記念視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長 /川又 若菜

【共生社会の足音】
 第61回 国連障害者権利委員会による日本審査
     注目点② 意識の向上
  名城法律事務所 /田中 伸明

◇支援センターから
 第18回チャレンジ賞・サフラン賞の候補者募集中。
 締切は5月29日!
<試し読み>

2020年 4月号 №383

視覚障害4月号表紙写真

◆支援つなぐ架け橋
 SPANが20周年の祝賀会
<試し読み>

◆これが僕らの日々
 第7回 文字認識アプリ 比較レポート
     ――3つを使い比べてみた
  高齢・障害・求職者雇用支援機構 /伊藤 丈人

 ――新連載――
◆手でよむ博物館
 ①カイロウドウケツ(偕老同穴)
  視覚障がい者のための手でみる博物館館長
  /川又 若菜

◆高齢視覚障害者をとり巻く諸問題を直視する
 ――支援システムの構築を目指して
 第3回 身近な生活の困りごとを
     解決することから始めよう
     見えにくさのある高齢者の視覚リハ
  視覚障害リハビリテーション協会 /吉野 由美子

◆触れるアートの“いま”と“これから”
 ③作家が案内する触れる鑑賞の現場
  筑波大学芸術系助教 /宮坂 慎司

<連載企画>

【目と手と声と、それから…】
 第26回 たかだ電動機 株式会社
      視覚障害者支援部てんとうむし
  取締役・歩行訓練士 /南 奈々

【共生社会の足音】
 第60回 障害者就労の春近し
  おおごだ法律事務所 /大胡田 誠

【視覚特別支援教育の情景】
 ≪全日盲研京都大会研究発表④
 本校における教育相談の現状と課題
  宮城県立視覚支援学校 /阿部 真由美

 ◇支援センターから
  第18回チャレンジ賞・サフラン賞 候補者募集!

[前のページに戻る]