月刊『視覚障害-その研究と情報』

 本誌は1963年4月の創刊以来、日本盲人福祉研究会(文月会)の定期購読誌として、時代とともに、常に視覚障害関連情報を発信してまいりましたが、文月会の解散に伴い、2001年5月号(173号)より当センターの事業として引継がれました。191号より隔月誌から月刊誌に切り替え、毎月1日発行となりました。323号以降は、媒体を墨字版・点字版・DAISY版・CD-R(点字データ版)の4媒体でお届けしています。

発  行:年12回 毎月1日発行
媒  体:墨字(活字)・点字・DAISY・CD-R(点字データ)同一内容
価  格:年間購読料6,400円(送料込み)(バックナンバーは1冊750円、送料140円)
内  容:視覚障害に関するテーマ全般(行政の取り組みや関係法制度、海外情報、ICT情報、関連施設や
               企業の 紹介、視覚障害者の活躍など)。当事者・関係者や専門記者による特集記事、対談、
               ルポ、研究等を掲載。
読者構成:視覚障害者、盲学校教職員、福祉関係者、ボランティア、バリアフリー推進企業・団体、
               関連研究機関等。
判  型:墨字版/A5判・56ページ、点字版/B5判・約130ページ

月刊『視覚障害-その研究と情報』ご購入のご案内

バックナンバーのご確認はコチラから


2021年 12月号 №403

視覚障害12月号表紙写真

◆第18回「本間一夫文化賞」を受賞して
 ~『一触』に懸ける師の想いを引き継いで~
  桜井記念 視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長  川又 若菜

◆手でよむ博物館
 21.ハクチョウ
  桜井記念 視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長  川又 若菜

◆第15回WBUAPマッサージセミナーを終えて
  第15回WBUAPマッサージセミナー実行委員会
  副委員長  藤井 亮輔

◆視覚特別支援教育の場景
 全日盲研栃木大会研究発表①
 文学作品の読解指導の実践例
 ―演劇的手法を用いた
 コミュニケーションワークショップを通して―
  筑波大学附属視覚特別支援学校
  教諭  皆川 あかり

◆IAVI通信
 国際視覚障害者援護協会 元留学生からのお便り
 ⑧ミャンマー
  テイン・チョウ・リン

◆МLやまネット発 3.11 あの時、わたしは
 東日本大震災をふり返る Vol.08
  宮城教育大学 元教授/長尾 博(京都市)

<連載企画>

【共生社会の足音】
 第80回 福祉制度の併用・併給に関する
     今年の注目トピックス
  おおごだ法律事務所/大胡田 誠

[支援センターから]
  2022年ユニバーサルデザインカレンダーのご案内ほか
<試し読み>


2021年 11月号 №402

視覚障害11月号表紙写真

◆気付かれなかったヒヤリハット
 ―視覚障害者のホーム転落事故をなくすために―
  筑波大学附属視覚特別支援学校
  宇野 和博

◆パラリンピック聖火ランナー体験記
 ―何歳になっても挑戦できることの素晴らしさ―
  視覚障害リハビリテーション協会
  吉野 由美子

◆共生の街やまがたを目指して
 ~視覚障害者が始めた「ありがとうキャンペーン」
  山形市視覚障害者福祉協会会長
  やまネット主宰
  三浦 保志

◆触れるアートの“いま”と“これから”
 ⑬触れるイメージの共有
  ~多様な“触”体験へのアプローチ~
  筑波大学芸術系助教/宮坂 慎司
  明治学院大学非常勤講師/半田 こづえ
  東京福祉大学保育児童学部講師/武本 大志

◆IAVI通信
 国際視覚障害者援護協会 元留学生からのお便り
 ⑦ベトナム
  グエン・ティ・スイェン

◆МLやまネット発 3.11 あの時、わたしは
 東日本大震災をふり返る Vol.07
 ①震災時に自分がとった行動について
  新潟県中途視覚障害者連絡会会長/大島 光芳
 ②左手の痛みが伝える震災の思い出
  福島市視覚障がい者福祉協会会長/武藤 永治
 執筆者紹介
  三浦 保志

<連載企画>

【共生社会の足音】
 第79回 障害者差別解消に向けた
     よりよい相談体制の整備について
  名城法律事務所/田中 伸明

【手でよむ博物館】
 ⑳矢立
  桜井記念視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長/川又 若菜

2021年 10月号 №401

視覚障害10月号表紙写真

◆アクセシブルな資料の現状と課題
  専修大学文学部
  教授  野口 武悟

◆視覚障がい者の移動をシームレスに
 視覚障がい者歩行ナビゲーション「あしらせ」
  株式会社Ashirase
  代表取締役  千野 歩

◆ハザードマップ研修会の試み
 ―オーダーメイドの防災対策を目指して―
  山形市視覚障害者福祉協会
  会長  三浦 保志

◆WBU第10回定期総会報告
  元WBU執行委員/山口和彦

◆IAVI通信
 国際視覚障害者援護協会 元留学生からのお便り
 ⑥キルギス
  ジョロベコヴァ・シリン

◆МLやまネット発 3.11 あの時、わたしは
 東日本大震災をふり返る Vol.06
  視覚障害者リハビリテーション協会/吉野 由美子

<連載企画>

【手でよむ博物館】
 ⑲ネコザメの卵
  桜井記念視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長/川又 若菜

【共生社会の足音】
 第78回 差別の塊でできた物差しで
     子どもの未来を測るな
     ~広島高裁の不当判決に思う
  おおごだ法律事務所/大胡田 誠

[図書室]
 見えないしげじい 世界をまわる
 -旅してRUNして思い描いて-
  重田 雅敏 著

[支援センターから]
  2022年ユニバーサルデザインカレンダーのご案内
<試し読み>

2021年 9月号 №400

視覚障害9月号表紙写真

◆創刊400号 特別寄稿
 私と『視覚障害』
  日本点字図書館理事長
  田中 徹二

◆創刊400号 特別企画①
 創刊400号に寄せて ――400字コメント
  猪平 眞理・加藤 俊和・工藤 正一・指田 忠司・
  髙橋 秀治・竹下 義樹・長岡 英司・日比野 清・
  福井 章二郎・藤野 高明・牟田口 辰己
  茂木 幹央・和波 孝よし(ネ+喜)

◆創刊400号 特別企画②
 名作の彩り
 言葉で描く、国宝『鳥獣人物戯画』
  筑波大学芸術系/宮坂 慎司・吉田 奈穂子
  同研究員/中川 三千代
  同大学院/佐藤 仁美・早川 綾音
  同芸術専門学群/大森 春歌・樫村 宙子・市川 結己
  協力/半田こづえ・全国音訳ボランティアネットワーク

◆『視覚障害』400号の重みと来春のリニューアル
  視覚障害者支援総合センター理事長/引田 秋生
<試し読み>

◆第15回世界盲人連合アジア太平洋地域協議会(WBUAP)
 マッサージセミナー
  日本盲人福祉委員会事務局

<連載企画>

【共生社会の足音】
 第77回 ベッカ・マイヤーズ選手の
     東京パラ棄権について考える
  名城法律事務所/田中 伸明

【手でよむ博物館】
 ⑱ネコザメ
  桜井記念視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長/川又 若菜

2021年 8月号 №399

視覚障害8月号表紙写真

◆第19回チャレンジ賞・サフラン賞 受賞のことば
 強みが生かせる舞台で戦い、成果を上げる
  株式会社ラック サイバー・グリッド・ジャパン
  外谷 渉
 自己実現の旅の途中で
  株式会社オズビジョン/畝本 彩美
<試し読み>

◆時代の流れの中で舵取りを
 ―全国音訳ボランティアネットワークが
  第8回総会をZoomによるライブ配信で開催
<試し読み>

◆視覚障害者の方も外出を気軽に楽しめる社会に
 ――株式会社おとものマッチングサービス
  「ガイドヘルパーズ」
  株式会社おとも代表取締役/鈴木 貴達

◆コロナ禍におけるソーシャルディスタンスの活用
  NPO法人TOMO理事長/山口 和彦

◆IAVI通信
 国際視覚障害者援護協会 元留学生からのお便り
 ⑤中国
  コー・リーファ

◆МLやまネット発 3.11 あの時、わたしは
 東日本大震災をふり返る Vol.05
 ①福祉避難所生活の思い出
  杜の都スパイカーズ代表/日下 歩
 ②復興ボランティア活動を続けてきて
  心理カウンセラー/福田 歩
 執筆者紹介
  やまネット主宰/三浦 保志

<連載企画>

【共生社会の足音】
 第76回 「障害者は一人前に働けない」という
     偏見と闘う裁判が始まった
  おおごだ法律事務所/大胡田 誠

【手でよむ博物館】
 ⑰ハンマー投のハンマー
  桜井記念視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長/川又 若菜

2021年 7月号 №398

視覚障害7月号表紙写真

◆チャレンジ賞は外谷渉さん
 サフラン賞は畝本彩美さん
 第19回の受賞者決まる!
<試し読み>

◆WBU-AP会長としての9年間
 ~タイミングと途上国の成長というギフト
  世界盲人連合アジア太平洋地域協議会
  前会長/田畑 美智子

◆触れるアートの"いま"と"これから"
 ⑫触れる鑑賞のニューノーマル
  筑波大学芸術系助教/宮坂 慎司
  東京福祉大学保育児童学部講師/武本 大志

◆IAVI通信
 国際視覚障害者援護協会 元留学生からのお便り
 ④韓国
  パク・トンへ

◆МLやまネット発 3.11 あの時、わたしは
 東日本大震災をふり返る Vol.04
  日本弱視者ネットワーク
  代表/白井 夕子
 執筆者紹介
  やまネット主宰/三浦 保志

<連載企画>

【共生社会の足音】
 第75回 デジタル化の波に取り残されないために
     ~JIS規格について~
  名城法律事務所/田中 伸明

【手でよむ博物館】
 ⑯自由の女神
  桜井記念視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長/川又 若菜

【視覚特別支援教育の場景】
 全日盲研松山大会研究発表④
 視覚に障害のある児童生徒の
 豊かな創造性を高める指導と工夫
 ― 造る・飾る・鑑賞する造形活動の取り組みを通して ―
  沖縄県立沖縄盲学校教諭
  小禄 了・山根 亮人・宇座 麻紀

2021年 6月号 №397

視覚障害6月号表紙写真

◆盲学校における学校図書館の現状と展望
 ―2019年全国調査の結果から―
  専修大学文学部教授/野口 武悟

◆視覚障がいの世界を変える!
 ――大風呂敷が「不便」を包み込む日を目指して
  (株)Raise the Flag.代表/中村 猛

◆震災の地に研修センター
 地域ロービジョンケアの活動拠点として
  木村眼科クリニック副院長/木村 恵子

◆ウエアラブル指点字ツール
 ~テクノロジーを活用した盲ろう者支援~
  (一社)ハートウエアラボ代表理事/米山 爾
<試し読み>

◆IAVI通信
 国際視覚障害者援護協会 元留学生からのお便り
 ③マレーシア
  ノライニ・アズリン、タン・リー・メイ、
  モハマッド・フザイファ・ビン・アハマッド

◆МLやまネット発 3.11 あの時、わたしは
 東日本大震災をふり返る Vol.03
  NPO法人プロジェクトゆうあい理事・
  松江市視覚障害者協会会長/三輪 利春
 執筆者紹介
  やまネット主宰/三浦 保志

<連載企画>

【共生社会の足音】
 第74回 雇用施策と福祉施策の連携による
     就労支援の制度を乗りこなす
  おおごだ法律事務所/大胡田 誠

【手でよむ博物館】
 ⑮クイーカ(楽器)
  桜井記念視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長/川又 若菜

2021年 5月号 №396

視覚障害5月号表紙写真

◆わが天職
 ――共生社会実現を目指して民間企業へ転職
  参天製薬株式会社企画本部CSR室
  アブディン・モハメド

◆持続可能な当事者団体活動のこれからを考える
 ~日視連青年協議会の現在と今後の展望~
  日本視覚障害者団体連合青年協議会会長/片平 考美

◆都内初!
 試験走行エリアでタンデム自転車体験会
  東京都盲人福祉協会青年部/宮川 純

◆IAVI通信
 国際視覚障害者援護協会 元留学生からのお便り
 ②ケニア
  ミケンエ・フィリゴナ・アチョラ

◆МLやまネット発 3.11 あの時、わたしは
 東日本大震災をふり返る Vol.02
  やまネット/佐賀 典子

<連載企画>

【手でよむ博物館】
 ⑭ハクビシン
  桜井記念視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長/川又 若菜

【共生社会の足音】
 第73回 間接差別への対応を考える
  名城法律事務所/田中 伸明

【視覚特別支援教育の場景】
 全日盲研松山大会研究発表③
 本校在籍者数の増加につなげる
 帯盲V字回復総合実践プロジェクトの取組について
  北海道帯広盲学校教諭/土屋 勝広

[支援センターから]
 第19回チャレンジ賞・サフラン賞の候補者募集
<試し読み>

2021年 4月号 №395

視覚障害4月号表紙写真

◆IAVI通信
 国際視覚障害者援護協会 元留学生からのお便り
 連載にあたって
  国際視覚障害者援護協会理事/新井 愛一郎

 [新連載]IAVI通信
 国際視覚障害者援護協会 元留学生からのお便り
 ①ネパール
  スレス・ラズバンダリ

◆3.11 あの時、わたしは
 東日本大震災をふり返る
 連載にあたって
  やまネット主宰/三浦 保志

 [新連載]3.11 あの時、わたしは
 東日本大震災をふり返る Vol.01
  仙台市視覚障害者福祉協会会長/高橋 秀信

◆「社会福祉およびその関連職種を目指す
 視覚障害者のためのセミナー」報告
  日本ライトハウス視覚障害リハビリテーションセンター
  元・所長/日比野 清

◆会員獲得とリーダー育成をどうするか
 日視連青年協が研修会
<試し読み>

◆第三回ロービジョン・ブラインド川柳コンクール
 優秀賞決定
  ロービジョン・ブラインド川柳コンクール
  事務局/神田 信

◆コロナ禍から学ぶ早期教育
 全早研がオンライン大会

<連載企画>

【手でよむ博物館】
 ⑬花粉の模型
  桜井記念視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長/川又 若菜

【共生社会の足音】
 第72回 障害者差別解消法の改正法案が提出された
  おおごだ法律事務所/大胡田 誠

[支援センターから]
 第19回チャレンジ賞・サフラン賞の候補者募集

[前のページに戻る]