月刊『視覚障害-その研究と情報』

 本誌は1963年4月の創刊以来、日本盲人福祉研究会(文月会)の定期購読誌として、時代とともに、常に視覚障害関連情報を発信してまいりましたが、文月会の解散に伴い、2001年5月号(173号)より当センターの事業として引継がれました。191号より隔月誌から月刊誌に切り替え、毎月1日発行となりました。323号以降は、媒体を墨字版・点字版・DAISY版・CD-R(点字データ版)の4媒体でお届けしています。

発  行:年12回 毎月1日発行
媒  体:墨字(活字)・点字・DAISY・CD-R(点字データ)同一内容
価  格:年間購読料6,400円(送料込み)(バックナンバーは1冊750円、送料140円)
内  容:視覚障害に関するテーマ全般(行政の取り組みや関係法制度、海外情報、ICT情報、関連施設や
               企業の 紹介、視覚障害者の活躍など)。当事者・関係者や専門記者による特集記事、対談、
               ルポ、研究等を掲載。
読者構成:視覚障害者、盲学校教職員、福祉関係者、ボランティア、バリアフリー推進企業・団体、
               関連研究機関等。
判  型:墨字版/A5判・56ページ、点字版/B5判・約130ページ

月刊『視覚障害-その研究と情報』ご購入のご案内

バックナンバーのご確認はコチラから


2021年 5月号 №396

視覚障害5月号表紙写真

◆わが天職
 ――共生社会実現を目指して民間企業へ転職
  参天製薬株式会社企画本部CSR室
  アブディン・モハメド

◆持続可能な当事者団体活動のこれからを考える
 ~日視連青年協議会の現在と今後の展望~
  日本視覚障害者団体連合青年協議会会長/片平 考美

◆都内初!
 試験走行エリアでタンデム自転車体験会
  東京都盲人福祉協会青年部/宮川 純

◆IAVI通信
 国際視覚障害者援護協会 元留学生からのお便り
 ②ケニア
  ミケンエ・フィリゴナ・アチョラ

◆МLやまネット初 3.11 あの時、わたしは
 東日本大震災をふり返る Vol.02
  やまネット/佐賀 典子

<連載企画>

【手でよむ博物館】
 ⑭ハクビシン
  桜井記念視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長/川又 若菜

【共生社会の足音】
 第73回 間接差別への対応を考える
  名城法律事務所/田中 伸明

【視覚特別支援教育の場景】
 全日盲研松山大会研究発表③
 本校在籍者数の増加につなげる
 帯盲V字回復総合実践プロジェクトの取組について
  北海道帯広盲学校教諭/土屋 勝広

[支援センターから]
 第19回チャレンジ賞・サフラン賞の候補者募集
<試し読み>

2021年 4月号 №395

視覚障害4月号表紙写真

◆IAVI通信
 国際視覚障害者援護協会 元留学生からのお便り
 連載にあたって
  国際視覚障害者援護協会理事/新井 愛一郎

 [新連載]IAVI通信
 国際視覚障害者援護協会 元留学生からのお便り
 ①ネパール
  スレス・ラズバンダリ

◆3.11 あの時、わたしは
 東日本大震災をふり返る
 連載にあたって
  やまネット主宰/三浦 保志

 [新連載]3.11 あの時、わたしは
 東日本大震災をふり返る Vol.01
  仙台市視覚障害者福祉協会会長/高橋 秀信

◆「社会福祉およびその関連職種を目指す
 視覚障害者のためのセミナー」報告
  日本ライトハウス視覚障害リハビリテーションセンター
  元・所長/日比野 清

◆会員獲得とリーダー育成をどうするか
 日視連青年協が研修会
<試し読み>

◆第三回ロービジョン・ブラインド川柳コンクール
 優秀賞決定
  ロービジョン・ブラインド川柳コンクール
  事務局/神田 信

◆コロナ禍から学ぶ早期教育
 全早研がオンライン大会

<連載企画>

【手でよむ博物館】
 ⑬花粉の模型
  桜井記念視覚障がい者のための手でみる博物館
  館長/川又 若菜

【共生社会の足音】
 第72回 障害者差別解消法の改正法案が提出された
  おおごだ法律事務所/大胡田 誠

[支援センターから]
 第19回チャレンジ賞・サフラン賞の候補者募集

[前のページに戻る]