月刊『視覚障害-その研究と情報』

 本誌は1963年4月の創刊以来、日本盲人福祉研究会(文月会)の定期購読誌として、時代とともに、常に視覚障害関連情報を発信してまいりましたが、文月会の解散に伴い、2001年5月号(173号)より当センターの事業として引継がれました。191号より隔月誌から月刊誌に切り替え、毎月1日発行となりました。323号以降は、媒体を墨字版・点字版・DAISY版・CD-R(点字データ版)の4媒体でお届けしています。

発  行:年12回 毎月1日発行
媒  体:墨字(活字)・点字・DAISY・CD-R(点字データ)同一内容
価  格:年間購読料6,200円(送料込み)(バックナンバーは1冊720円、送料別)
内  容:視覚障害に関するテーマ全般(行政の取り組みや関係法制度、海外情報、ICT情報、関連施設や
               企業の 紹介、視覚障害者の活躍など)。当事者・関係者や専門記者による特集記事、対談、
               ルポ、研究等を掲載。
読者構成:視覚障害者、盲学校教職員、福祉関係者、ボランティア、バリアフリー推進企業・団体、
               関連研究機関等。
判  型:墨字版/A5判・56ページ、点字版/B5判・約130ページ

月刊『視覚障害-その研究と情報』ご購入のご案内

2019年 5月号 №372

視覚障害5月号表紙写真

◆世界の壁を打ち破れ!
 ブラインドサッカーワールドグランプリ 2019
<試し読み>

◆ドミナントのこれから
 附属音楽科の同窓生による新たな活動
  Dominant主宰 /坂田 優咲

◆日本の盲学校手技療法教育を世界標準に
 ~インド共和国盲学校での手技療法教育移植事業~
 ②見えてきた課題
  筑波大学附属視覚特別支援学校教諭 /寺崎 直

◆Red or Black
 マカオのカジノでルーレットに挑戦
  埼玉県視覚障碍者社会参加推進協会 /宮城 正

◆同行援護の上手な活用術
 Guide4 こんな買い物は要注意
  NPO法人TOMO事務局長 /山口 和彦

<連載企画>
【目と手と声と、それから…】
 第24回 全国高等学校長協会入試点訳事業部

【見えない・見えにくい人のための おしゃれコーナー】
 紫外線対策編
  Nori-jue /鈴木 由絵子

【共生社会の足音】
 第50回 代筆・代読支援を考える
  名城法律事務所 /田中 伸明

【視覚特別支援教育の場景】
 宮崎県立明星視覚支援学校での幼稚部の設置について
  宮崎県立明星視覚支援学校校長 /別府 宗光

2019年 4月号 №371

視覚障害4月号表紙写真

◆全盲の東大生が誕生!
 夢は国際舞台での活躍

◆日本の盲学校手技療法教育を世界標準に
 ~インド共和国盲学校での手技療法教育移植事業~
 ①現状と経過
  筑波大学附属視覚特別支援学校教諭 /寺崎 直

◆「触れる」を通した彫刻鑑賞
 筑波大学彫塑展の鑑賞支援活動について
  筑波大学芸術系助教 /宮坂 慎司

◆障害者雇用水増しを問い直す JD連続講座から
<試し読み>

◆読み書き支援の充実を 日盲連がシンポジウム

◆充実の国際柔道選手権
 東京パラへ向けて世界の強豪集う

◆同行援護の上手な活用術
 Guide3 事業所を選ぶ5つのコツ
  NPO法人TOMO事務局長 /山口 和彦

<連載企画>
【目と手と声と、それから…】
 第23回 ビー・ミュージック
  代表 /村上 恭子

【共生社会の足音】
 第49回 大詰めを迎えた あはき法19条裁判
  つくし総合法律事務所 /大胡田 誠

【見えない・見えにくい人のための おしゃれコーナー】
 春のスキンケア編
  Nori-jue /鈴木 由絵子

[前のページに戻る]